デッキ別戦い方:グリクシス死の影

エメリアコントロール

エメリアコントロールのグリクシス死の影(GDS)との戦い方をまとめます。

サンプルリスト

メインボード
2《血の墓所/Blood Crypt》
2《湿った墓/Watery Grave》
1《蒸気孔/Steam Vents》
4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
2《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1《島/Island》
1《沼/Swamp》

4《死の影/Death’s Shadow》
4《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4《通りの悪霊/Street Wraith》
1《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

4《頑固な否認/Stubborn Denial》
4《思考掃き/Thought Scour》
4《思考囲い/Thoughtseize》
2《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3《致命的な一押し/Fatal Push》
2《四肢切断/Dismember》
1《稲妻/Lightning Bolt》
2《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
1《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》

サイドボード
2《減衰球/Damping Sphere》
2《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》
2《削剥/Abrade》
2《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
3《集団的蛮行/Collective Brutality》

MTGGOLDFISH
SCG Open Dallas, 4th Place

どんなデッキ?

《死の影/Death’s Shadow》《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》をメインアタッカーに据えたアグロ・コントロール(クロックパーミッション)デッキです。
禁止改定後メタ上位にいる緑トロンとの相性が良く、最近また数を増やしてきています。

《通りの悪霊/Street Wraith》や《思考囲い/Thoughtseize》、フェッチランド&ショックランドで自身のライフを削り、巨大化した《死の影/Death’s Shadow》で数回殴ってゲームを終わらせます。

《思考囲い/Thoughtseize》《頑固な否認/Stubborn Denial》がデッキコンセプトに非常によく噛み合います。ほとんどのアクションが1~2マナで行われるので、序盤のテンポの良さ(手数の多さ)に対応できないと、ほとんど何もできないまま負けてしまうことも。

相性

有利です。
MH1以降7勝2敗。

GDSは基本的には1対1交換を強要していくデッキなので、《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》《戦隊の鷹/Squadron Hawk》イーオス2種等のチャンプブロッカーになりつつアドバンテージを稼ぐクリーチャー達が活躍します。

戦い方

相手1ターン目はけっこうな確率で手札破壊が飛んできます。
大抵、単体除去から落とされるので、手札に残ったクリーチャーを展開していくことになります。

相手がクリーチャーを展開してくるのは大抵3~4ターン目です。
それまでこちらは《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》や《戦隊の鷹/Squadron Hawk》等、軽量クリーチャーを展開するかと思いますが、相手が《死の影/Death’s Shadow》をキャストするまでは殴らないようにしています。相手の方がテンポで勝るので《死の影/Death’s Shadow》着地をアシストするより1ターンでも遅らせた方がこちらの選択肢が増えると考えているので。
相手が《通りの悪霊/Street Wraith》やフェッチ+ショックランドでライフを勝手に消耗するまで待ちましょう。

序盤の手札破壊によって《砂の殉教者/Martyr of Sands》で思うようにライフゲインできない展開が多いですが、ライフが25点以上あれば《死の影/Death’s Shadow》+《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》の大ダメージを一発スルーできるので膠着状態を作りやすくなります。

相手のカウンター呪文が気になるところですが、基本的にはメインは《頑固な否認/Stubborn Denial》のみ。サイド後の《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》は引かれたらドンマイということで、クリーチャーは構えることなく強気にガンガンキャストしていきましょう。

GDSは基本地形採用枚数が2~3枚、マナが出る土地が7~8枚というタイトな構成のデッキです。
《廃墟の地/Field of Ruin》《幽霊街/Ghost Quarter》固め引きでマナベースを潰して勝てることがあるので積極的に破壊していくのが良いと思います。

《死の影/Death’s Shadow》の巨大化=相手のライフは危険域です。
相手がアタックをためらう盤面を作って、その隙に《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》や《歩行バリスタ/Walking Ballista》で残りライフを削りきることができれば理想的です。
飛行クリーチャーが止まらないので、《神々の憤怒/Anger of the Gods》や《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》の心配が少ないメイン戦は《戦隊の鷹/Squadron Hawk》をバーっと横に並べてペチペチ殴っていたら勝てました、みたいなゲームもよくあります。

サイドボーディング

有効なカード

  • 《天界の粛清/Celestial Purge》
  • 《呪詛の寄生虫/Hex Parasite》
  • 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
  • 《ルーンの光輪/Runed Halo》
  • 《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》

《天界の粛清/Celestial Purge》は全力投入です。
対象は《死の影/Death’s Shadow》《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》等。
《死の影/Death’s Shadow》を狙い撃ちできる単体除去はあればあるほど有利です。

腐ることはまずないので、《霧覆いの平地/Mistveil Plains》を起動するタイミングがあるならば対象はこのカードが最優先だと思います。

《呪詛の寄生虫/Hex Parasite》はリリアナ2種の対策として。
《天界の粛清/Celestial Purge》を3枚以上入れるなら入れなくても良いと思います。

青いプレインズウォーカーの《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》は《安らかなる眠り/Rest in Peace》でも対応可。

GDSはエンチャントに触れないので、置ければ大きく相手の行動を制限できます。
影響を受けるのは《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》《歴戦の紅蓮術士/Seasoned Pyromancer》等。

しかし複数枚手札に来ると腐るので、入れるならば2枚程度が良いと思います。

クロックを《死の影/Death’s Shadow》に大きく頼っているデッキなので《ルーンの光輪/Runed Halo》も有効です。
これを貼れると次に大きなクロックは《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》になりますが、コイツはP/Tが5/5固定で変動しないので、《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》をされたとしても最大10点ダメージ。アタックをスルーするか否かの判断がぐっとしやすくなります。

サイドアウトするのは《セラの高位僧/Serra Ascendant》です。必ず全部抜きます。
ジャンド同様、手札破壊で手札に白いカードが足らずライフ30点に届くことがまずない、届いたとしても《致命的な一押し/Fatal Push》で簡単に除去される、等の理由からです。

まとめ

GDSは序盤~中盤の手数に特化したデッキなので、中盤以降土地が並んでこちらの行動回数が増えれば徐々に盛り返せます。

どんどんデカくなる《死の影/Death’s Shadow》はなかなか迫力満点ですが、所詮はバニラです。《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》が無ければチャンプブロックで1ターン凌げるので、アドバンテージを稼ぎながら次の一手を引き込むのを粘り強く待ちましょう。



最後までご覧いただきありがとうございました。
エメリアコントロールに関する投稿一覧はこちら