エルドレインの王権 新カードはエメリアコントロールに入る?その2

2019年9月18日エメリアコントロール

Deafening Silence》(白)
エンチャント
各プレイヤーは、各ターンにクリーチャーではない呪文を1つしか唱えられない。

エメリアコントロールに限らずモダン環境で広く使われそうなカードがエルドレインの王権 プレビューで公開されました。

これまで、呪文のキャストを制限するカードは何種類かありました。
《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
《法の定め/Rule of Law》 等。

これらは効果は強力なものの、テンポ面や対処のされやすさで活躍できないことが多かったのですが、今回登場の《Deafening Silence》はコストが軽く期待できます。割られにくいエンチャントという点もGoodです。
エメリアコントロールには《イーオスのレインジャー長/Ranger-Captain of Eos》がいるため、併用することで特にコンボデッキの動きを強烈に制限することが可能となります。

《Deafening Silence》が効果的なデッキ

まずはTier1~2あたりのデッキから。

ウルザソプターは序盤にアーティファクトを連続設置するデッキのため、1ターン目に貼ることができれば展開を大幅に遅らせることができます。
無限マナコンボが決まっても《最高工匠卿、ウルザ/Urza, Lord High Artificer》の起動型能力からの呪文キャストを制限できるので、即死は免れられます。

赤単果敢はエンチャントを破壊できないため、貼ったらほぼ勝ちではないでしょうか。
《魔力変/Manamorphose》《舞台照らし/Light Up the Stage》あたりが一気に腐ります。

ネオブランドも《新生化/Neoform》から《滋養の群れ/Nourishing Shoal》を連打するデッキなので、貼られると機能不全に陥ります。サイド後は《酸化/Oxidize》が飛んでくるでしょうが、《イーオスのレインジャー長/Ranger-Captain of Eos》につなぐ猶予ができるので、勝ち切る確率は上がると思います。

次に、メタ下位で有効と思われるデッキ。

むかつきデッキはネオブランドと同様対処できなければコンボがスタートできません。

感染と呪禁オーラ相手には早いターンに貼ることができればテンポを大幅に削ぐことができます。感染については相手のパンプ呪文に対応して単体除去を飛ばせば確実に除去できるので、対処しやすくなります。

ほかには、けちストームやロータスストーム、ジェスカイの隆盛コンボ等に有効です。

カード単体だと《雷電支配/Electrodominance》《約束の終焉/Finale of Promise》なんかも影響を受けますね。

何枚入れる? ⇒ サイドに3枚程度

これまでコンボデッキには《イーオスのレインジャー長/Ranger-Captain of Eos》に頼り切ることが多かったので、有効な対抗策をサイドから追加投入できるのは非常に大きいです。

有効なデッキがそれなりにいるので、サイドに3枚は取って良いかと思います。重ね引きするとクロックが不足するので、《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》2枚、《Deafening Silence》2枚のような構成もアリかと思います。そうした場合1ターンキルの確率が高いネオブランドへのガードは下がってしまいますが。

アミュレットタイタン、タイタンシフト、ニヴ=ミゼット再誕、裂け目の突破のようなクリーチャーコンボやワンアクションコンボに対しては効果が薄いです。ケアできるデッキとそうでないデッキをしっかり区別したうえでサイドボード構築する必要があると思います。



最後までご覧いただきありがとうございました。
エメリアコントロールに関する投稿一覧はこちら