エルドレインの王権 新カードはエメリアコントロールに入る?

エメリアコントロール

エルドレインの王権のカードプレビューが連日行われています。
エメリアコントロールに入りそうなカードがいくつかあったので、採用に値するカードか考えてみました。

Giant Killer

《Chop Down》(2)(白)
インスタント – 出来事
パワーが4以上のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
(その後、このカードを追放する。あなたは後で追放領域からこのクリーチャーを唱えてよい。)
——————————-
《Giant Killer》(白)
クリーチャー 人間・Peasant
(1)(白)、T:クリーチャー1体を対象とし、それをタップする。

エルドレインの王権の目玉のシステム「出来事」を持つカードです。

出来事カード全般に言えることですが、解決されればこれ1枚でカードアドバンテージを稼げます。3マナの生物破壊はやや重いもののその後に盤面をグダらせるタッパーが1マナで出てくるのは相手にとってまあまあ厄介なのでは。

CMC1マナのクリーチャーということで、《イーオスのレインジャー長/Ranger-Captain of Eos》《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》でサーチできます。中盤以降、チャンプブロッカーにしかならない《砂の殉教者/Martyr of Sands》や《セラの高位僧/Serra Ascendant》をしぶしぶサーチすることが多かったですが、これはサーチできる生物除去として扱えるため、1枚挿しておくと中盤~終盤に粘り強く戦えると思います。

出来事モードで除去したいクリーチャーとタップしたいクリーチャーはだいたい重なってくると思います。ぱっと思いつく対象は《殴打頭蓋/Batterskull》が装備されたクリーチャー、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》《難題の予見者/Thought-Knot Seer》《原始のタイタン/Primeval Titan》《死の影/Death’s Shadow》《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》《天界の列柱/Celestial Colonnade》等。
対象に困ることはないと思います。

何枚入れる? ⇒ 1~2枚

5色人間やボロスバーン、GDSにはテンポ的に間に合わなさそうですが、ミッドレンジ~コントロールには及第点ではないでしょうか。メインに1枚、サイドに1枚入れておくと《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》の条件達成まで粘り強く戦えると思います。

Charming Prince

《Charming Prince》(1)(白)
クリーチャー – 人間・貴族 [R]
Charming Princeが戦場に出たとき、以下から1つを選ぶ。
・占術2
・あなたは3点のライフを得る。
・他のあなたがオーナーであるクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。次の終了ステップの開始時に、そのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻す。

ETBで3つのモードを選べる熊です。CHARMingということですかね。

占術2は非常に魅力的です。
エメリアコントロールは土地を探しに行くアクションが《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》による手がかりトークンしかないため、土地枚数24~25枚のデッキながら土地2枚キープが非常に危ういデッキです。占術を頼りに2~3枚積めばこの問題がある程度緩和できるのではと考えています。

3点ゲインはよほどライフが厳しい状況でなければ使わない気がします。
占術で有効牌を探しに行く方がリターンは大きいはずです。

ブリンク能力はETB持ちクリーチャーが山ほどいるエメリアコントロールに噛み合う能力だと思います。ただ《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》《イーオスのレインジャー長/Ranger-Captain of Eos》等、単体で機能する強力なクリーチャーがスロットを埋めているので、ブリンクによるシナジーを期待して入れたいかと言われると微妙な気がしています。

何枚入れる? ⇒ 0~1枚

占術2が非常に魅力的ですが、2マナ域は《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》の存在がとにかく強烈なので、入れるとしてもアクセント的に1枚といったところでしょうか。
《戦隊の鷹/Squadron Hawk》との差し替えも無いと思います。装備品を積むデッキであれば2/2バニラより1/1飛行の方が価値が高いです。

まだまだプレビュー期間が続くので、気になるカードが出てきたらまた投稿しようと思います。



最後までご覧いただきありがとうございました。
エメリアコントロールに関する投稿一覧はこちら